幼稚園・保育園専門のブランディング・ホームページ制作サービス「Tegami テガミ」

お知らせ
  • 2014.10.21.スマートフォン対応ウェブサイトの必要性
スマートフォン対応ウェブサイトの必要性

今や、どこでもスマートフォンを触っている人の姿を見かけますよね?
2014年2月現在に発表されている内閣府の「消費動向調査」によると、全世代のスマートフォン普及率は、意外にも少なく54.7%という数字です。
しかし、幼稚園・保育園の親さんの大半を占める世代(20代から30代)だけを見ると、20代では80.6%、30代では72.4%と、スマホ使用者の割合は圧倒的に多くなります。


「スマホサイト」という言葉をよく耳にしますが、なぜスマートフォン対応のウェブサイトが必要なのでしょうか?パソコン用のサイトじゃダメなのでしょうか?
もちろん、ダメなことはありませんし、パソコンサイトでも本当に興味を持っている人であれば、一生懸命見てくださるはずです。しかし、このように本当に興味を持ってくれている人に対して、パソコン用サイトのままで、果たして「親切」なサービスを提供できているのでしょうか?

スマートフォン対応ウェブサイトの必要性

スマートフォンユーザーは、「ネットヘビーユーザー」であると言われます。スマホを使っている人のほとんどが、インターネット閲覧量がものすごく多いのです。手元でなんでも簡単に調べられるという利便性から、どんどん新しいものに興味を持ち、購買意欲が旺盛な人が多いという傾向があります。


しかし、現在では多くの企業・団体・サービスがスマホサイトをつくり、スマートフォンユーザーに対してサービス提供している中で、パソコン用サイトが突然出てきたらどうでしょうか?
スマートフォンでパソコン用サイトを見る場合の不便な点を挙げてみました。


①文字が小さく読みづらい
②バナーやボタンが小さく、ボタンを押すのが面倒になる
③いちいち拡大表示をしたりする作業(手間)が発生する


見やすいスマートフォンサイトが多い中で、①~③のようなサイトが出てきたら、見づらいから他のサイトで調べよう…となるのは当たり前の行動です。
スマホサイトユーザーは、基本的にはせっかちであり、直感的に操作しやすく、わかりやすいサイトを好みます。このような理由から、操作性が高く、視認性の高いスマートフォンサイトがこれだけ普及してきているのです。
必ず必要…というわけではありませんが、いつも見てくださる方や、新たに興味を持ってくださっ方に対して、正しくスマートに情報発信をするために、スマートフォンサイトをお考えください。

お知らせ一覧に戻る